お薦め

免疫ミルク

免疫ミルクとは、ヒト由来の病原性細菌を無毒化し、
ワクチンとして繰り返し雌牛に投与してしぼったミルクのことを言います。

ワクチンを投与すると、牛の体内で病気に対する抗体が作られていきます。
その抗体を壊さないようにして脱脂⇒殺菌⇒濃縮⇒乾燥すると、
製品としての免疫ミルクができあがります。
1958年にスターリ研究所(アメリカ、オハイオ州)が、研究開発しました。

免疫ミルクの特徴は、「母子免疫」です。
生まれたての赤ちゃんが、母親から受け継いだ抗体によって、
感染症等にかかりにくくなっているのは周知の事実です。
人は成長していく過程でさまざまな感染症を経験して、
多くの微生物に対する抗体を持つようになります。

特に女性の場合は、妊娠すると母親になるまでに自ら獲得した抗体の中から、
いくつかの抗体を自分の赤ちゃんに与えることができる、からだの仕組みを持っています。

妊娠中には、胎盤を通してミルクグロブリン抗体
(ミルクグロブリンG、ミルク抗体、ミルクIgG)が胎児へと移行し、
出産直後は初乳の中にIgG抗体や分泌型のIgAが分泌されて、生まれたての命を感染症から守ります。

「免疫ミルク」は、この「母子免疫理論」を乳牛により実用化した、
特異抗体や抗炎症物質等の生理活性物質を含むミルクなのです。
免疫ミルクは、「腸内環境の改善」・「抗炎症作用」・「免疫賦活作用」の3つの働きの相互作用により、
さまざまな症状を改善する働きがあると考えられています。
スターリ研究所をはじめとして各国の大学研究所、病院などでの、
長年の試験や疫学的研究により実用化されました。

「免疫ミルク」の素材としては、
「免疫脱脂粉乳」・「免疫乳清たんぱく質」・「免疫乳たんぱく質」の3種類が現在製品化され、
日本をはじめとする世界20ヶ国余りで販売されて、健康を願う人々のために役立っています。

また、免疫ミルクは現在も、がん治療をはじめとするさまざまな分野で研究され続けており、
新しい効能・効果が発見され続けています。