お薦め

免疫系をサポートする抗酸化成分(スカベンジャー)

スカベンジャー(抗酸化物質)は、
活性酸素の攻撃から体を守る働きをしている物質です。

活性酸素は、病原体から体を守るものとして必要な物質なのですが、
過剰になってしまうと自らの体を攻撃してしまい、
かえって体の老化を招く(=体を酸化させる)と言われています。

スカベンジャーは、酵素、ビタミン、その他の抗酸化物質の3つに分けることができます。
スカベンジャーには何種類もあり、
酵素だけでも約3000種類が体のなかでつくられます。

まず酵素は、さまざまな代謝を担っています。
生物の細胞のなかでつくられるたんぱく質化合物の種類の一つです。
酵素の主な原料は、たんぱく質で、
でんぷんを分解する役割をもつアミラーゼなどがあります。
なぜこんなに酵素の種類が多いかというと、
一つの酵素は一つの働きしかもっていないからです。

実は活性酸素も一種類だけではなく、何種類もあるのです。
ですから、何種類もの活性酸素からの攻撃から体を守るために、
スカベンジャーも何種類も存在することが必要なのです。

次にビタミンは、C群、E群、B群などがスカベンジャーです。
紫外線やX線によって発生する活性酸素に「一重項酸素」というのものがあり、
これは酵素では対抗できません。
この活性酸素には、ビタミンC、βカロテンがスカベンジャーとして戦ってくれます。

また、酵素は体のなかでつくられるものであり、体の外から摂取することはできません。
酵素の合成のためにも、ビタミンは必要な栄養素です。
そしてその他の抗酸化物質には、ワインに入っていることで有名な、
ポリフェノール(カテキン)、カロテノイド(βカロテンなど)があります。
また、ミネラルであるセレン(セレニウム)があります。

それでは、スカベンジャーは具体的にどんな働きをしてくれるのでしょうか。
たとえば活性酸素のなかで最も多量に発生する、
「スーパーオキサイドラジカル」を消し去るスカベンジャーは、次の3つの働きをしています。

①活性酸素の発生源を抑える。
②活性酸素を補足して、活性を低く抑える。
③活性酸素によって害を受けた箇所を修復し、再生させる。

このように、生命活動に欠かせないスカベンジャーにしっかりと働いてもらうためには、
体にさまざまな栄養素をバランス良く取り入れることが大切です。