お薦め

免疫系をサポートする腸内活性成分

免疫系をサポートする腸内活性成分には、
「消化酵素」・「プロバイオティクス (良性細菌)」・「食物繊維」があります。
免疫力を高めるためには、この3つで腸内の環境を整えることも、効果があるのです。

体のなかには、3000種類の潜在酵素が存在します。
潜在酵素のなかには、消化酵素と代謝酵素があります。

最近の研究では、潜在酵素はいくらでもつくれるのではなく、
一生の間につくれる量が決まっていることが分かりました。
つまり、消費することによってどんどん減っていくということです。

消化酵素は、その名のとおり食物を消化する酵素です。
代謝酵素は、体のなかの細胞に栄養を届け、新陳代謝を促す酵素です。

どちらも潜在酵素からつくられるものなので、
消化酵素のほうをたくさんつくると代謝酵素があまりつくれなくなり、
その結果免疫力が低下して、病原体への抵抗力が落ちてしまいます。
そうならないためには、この2つの潜在酵素のほかに、
外部酵素である食物酵素を体に取り入れる必要があります。

食物酵素は、未加熱の果物や野菜、
魚や肉そしてヨーグルトや味噌などの発酵食品に含まれています。
食物酵素は47~48℃で死んでしまうので、食物酵素を摂取するときは、
加熱していない生の食物を摂るのがよいでしょう。

プロバイオティクスは、口から摂取され、生きたままの状態で腸に到達して、
腸のなかの細菌群のバランスを整え、体によい影響を与える微生物のことです。
代表選手として、ビフィズス菌などの乳酸菌があげられます。

近年、プロバイオティクス菌のなかには、このような作用だけでなく、
体の免疫力を高める効果をもつものもあるということが分かってきました。

食物繊維は、消化酵素では消化することができない、食べ物の中の成分のことです。
野菜(いも類、豆類、ごぼうなど)や海藻類、果物などに多く含まれています。
腸のなかの有害物質を排泄して掃除をしてくれる作用があるので、善玉菌が増えます。
そうすると抗体が多く作られ、免疫が活性化するのです。